カテゴリー別アーカイブ: 13 訪問看護事業

入院患者の外泊中のサービス提供

【質問】
医療保険適用病床の入院患者が外泊中に介護保険による訪問看護、訪問リハビリテーションを算定できるか。

【回答】
医療保険適用病床の入院患者が外泊中に受けた訪問サービスは介護保険による算定はできないため、ご指摘の場合は算定できない。

【QA発出時期、文書番号等】
15.5.30
事務連絡
介護保険最新情報vol.151
介護報酬に係るQ&A

難病患者等の利用

【質問】
利用者が末期がん患者や神経難病など難病患者等の場合の取扱いについて

【回答】
利用者が末期がん患者や難病患者等の場合は、訪問看護は全て医療保険で行い、介護保険の訪問看護費は算定できない。

【QA発出時期、文書番号等】
15.5.30
事務連絡
介護保険最新情報vol.151
介護報酬に係るQ&A

緊急時訪問看護加算

【質問】
訪問看護の緊急時訪問看護加算の算定要件について、特別管理加算を算定する状態の者が算定されており、特別管理加算の算定は個別の契約が必要なので、その契約が成立しない場合は緊急時訪問看護加算も算定できないのか。

【回答】
緊急時訪問看護加算は、利用者又はその家族等に対して24時間連絡体制にあって、かつ、計画的に訪問することとなっていない緊急時訪問を必要に応じて行う場合、利用者の同意を得て算定するものであり、特別管理加算の算定の有無はその算定要件ではない。

【QA発出時期、文書番号等】
18.3.22
介護制度改革information vol.78
平成18年4月改定関係Q&A(vol.1)

複数名訪問加算

【質問】
複数名訪問加算は30 分未満と30 分以上で区分されているが、訪問時間全体のうち、複数の看護師が必要な時間で分けるのか。例えば、訪問看護(30分以上1 時間未満)のうち複数の看護師が必要な時間が30 分未満だった場合はどちらを加算するのか。

【回答】
1人目の看護師の訪問の時間によらず、2人目の看護師が必要な時間である30 分未満を加算する。

【QA発出時期、文書番号等】
21.3.23
介護保険最新情報vol.69
平成21年4月改定関係Q&A(vol.1)

長時間訪問看護加算

【質問】
ケアプラン上は1時間30分未満の訪問看護の予定であったが、アクシデント等によりサービスの提供時間が1時間30分を超えた場合は、長時間訪問看護加算として300単位を加算してよいか。

【回答】
長時間訪問看護加算は、ケアプラン上1時間30分以上の訪問が位置付けられていなければ算定できない。

【QA発出時期、文書番号等】
21.4.17
介護保険最新情報vol.79
平成21年4月改定関係Q&A(vol.2)

長時間訪問看護加算

【質問】
長時間の訪問看護に要する費用については、1時間30分を超える部分については、保険給付や1割負担とは別に、訪問看護ステーションで定めた利用料を徴収できることとなっているが、長時間訪問看護加算を算定する場合は、当該利用料を徴収できないものと考えるが、どうか。

【回答】
貴見のとおり。

【QA発出時期、文書番号等】
21.4.17
介護保険最新情報vol.79
平成21年4月改定関係Q&A(vol.2)

ターミナルケア加算

【質問】
(訪問看護)死亡前14 日以内に2 回以上ターミナルケアをしていれば、医療機関に入院し24 時間以内に死亡した場合にもターミナルケア加算を算定できるということか。

【回答】
ターミナルケアを実施中に、医療機関に搬送し、24 時間以内に死亡が確認された場合に算定することができるものとする。

【QA発出時期、文書番号等】
21.4.17
介護保険最新情報vol.79
平成21年4月改定関係Q&A(vol.2)

事業所の休日における利用者負担

【質問】
事業所の休日に,利用者の希望により居宅サービス計画に位置づけられた訪問看護を行う場合,現在の医療保険における取扱いと同様に,別途その他の負担金を徴収してよろしいか。

【回答】
そのような取扱いはできません。

【QA発出時期、文書番号等】
12.4.28事務連絡
介護保険最新情報vol.71
介護報酬等に係るQ&A vol.2

看護体制強化加算について

【質問】
 留意事項通知における「前3月間において、当該事業所が提供する訪問看護を2回以上利用した者又は当該事業所で当該加算を2回以上算定した者であっても、1として数えること」とは、例えば、3~5月にかけて継続して利用している利用者Aは1人、3月に利用が終了した利用者Bも1人と数えるということで良いか。

【回答】
 そのとおり。具体的には下表を参照のこと。
例)特別管理加算を算定した実利用者の割合の算出方法
【サービス提供状況】6月に看護体制強化加算を算定

【算出方法】
  ① 前3月間の実利用者の総数 = 3
  ② ①のうち特別管理加算(Ⅰ)(Ⅱ)を算定した実利用者数 = 2
  → ①に占める②の割合 = 2/3   ≧ 30% …算定要件を満たす

【QA発出時期、文書番号等】
27.4.1
事務連絡
介護保険最新情報vol.454
「平成27年度介護報酬改定に関するQ&A(平成27年4月1日)」の送付について

看護体制強化加算について

【質問】
 仮に、6月に算定を開始する場合、届出の内容及び期日はどうなるのか。

【回答】
 看護体制強化加算の算定にあたっては「算定日が属する月の前3月間」において特別管理加算及び緊急時訪問看護加算を算定した実利用者の割合を算出する必要がある。
仮に、6月に算定を開始する場合は、5月15日以前に届出を提出する必要があるため、5月分は見込みとして3月・4月・5月の3月間の割合を算出することとなる。
なお、5月分を見込みとして届出を提出した後に、加算が算定されなくなる状況が生じた場合には、速やかにその旨を届出すること。

【QA発出時期、文書番号等】
27.4.1
事務連絡
介護保険最新情報vol.454
「平成27年度介護報酬改定に関するQ&A(平成27年4月1日)」の送付について