【H27改定・通所リハ】通所リハビリの時間延長体制

【関連QA】
延長加算の見直し

【報酬告示】
日常生活上の世話を行った後に引き続き、所要時間6時間以上8時間未満の指定通所リハビリテーションを行った場合又は所要時間6時間以上8時間未満の指定通所リハピリテーションを行った後に引き続き日常生活上の世話を行った場合であって、 当該指定通所リハビリテーションの所要時間と当該指定通所リハビリテーションの前後に行った日常生活上の世話の所要時間を通算した時間(以下この注において「算定対象時間」という 。)が、8時間以上となった場合は、次に掲げる区分に応じ、次に掲げる単位数を所定単位数に加算する。
イ 8時間以上9時間未満の場合     50単位
ロ 9時間以上10時間未満の場合  100単位
ハ 10時間以上11時間未満の場合  150単位
ニ 11時間以上12時間未満の場合  200単位
ホ 12時間以上13時間未満の場合 250単位
ホ 13時間以上14時間未満の場合 300単位

【解釈通知】六時間以上八時間未満の通所リハビリテーションの前後に連続して延長サービスを行った場合の加算(延長加算)の取扱い
① 当該加算は、所要時間六時間以上八時間未満の通所リハビリテ ーションの前後に連続して通所リハビリテーションを行う場合について、二時間を限度として算定されるものである。例えば、八時間の通所リハビリテーションの後に連続して二時間の延長サービスを行った場合や、八時間の通所リハビリテーシ ョンの前に連続して一時間、後に連続して一時間、合計二時間の延長サービスを行った場合には、二時間分の延長サービスとして一〇〇単位を算定する。
② 当該加算は通所リハビリテーションと延長サービスを通算した時間が八時間以上の部分について算定されるものであるため、例えば、七時間の通所リハビリテーションの後に連続して二時間の延長サービスを行った場合には、通所リハビリテーションと延長サービスの通算時間は九時間であり、一時間分(時間 =9時間−8時間)の延長サービスとして五〇単位を算定する。
③ 延長加算は、実際に利用者に対して延長サービスを行うことが 可能な体制にあり、かっ、実際に延長サービスを行った場合に算定されるものであるが、当該事業所の実情に応じて、適当数の従業者を置いていることが必要である。