【H27改定・通所リハ】生活行為向上リハビリテーションの実施後にリハビリテーションを継続した場合の減算

■報酬告示
注9の加算(生活行為向上リハビリテーション実施加算)を算定し、当該加算を算定するために作成したリ ハビリテーション実施計画書で定めた指定通所リハビリテーシ ョンの実施期間中に指定通所リハビリテーションの提供を終了 した日の属する月の翌月から6月以内の期間に限り、同一の利 用者に対して、指定通所リハビリテーションを行った場合は、 1日につき所定単位数の100分の15に相当する単位数を所定単 位数から減算する。

■解釈通知
生活行為向上リハビリテーションの提供を終了後、同一の利用者に対して、引き続き指定通所リハビリテーションを提供するこ とは差し支えないが、通所リハビリテーション計画の作成に当た って、その内容について利用者又はその家族に対して説明し、同 意を得る際には、6月以内の期間に限り、1日につき所定単位数 の100分の15に相当する単位数が減算されることを説明した上で、 当該計画の同意を得るよう留意すること。